社会

起訴事実認める 米兵女性暴行で初公判

準強姦罪に問われたジャスティン・カステラノス容疑者の初公判が開かれた那覇地裁の法廷=27日午前、那覇市樋川(代表撮影)

 3月に那覇市内のホテルで観光客の女性に性的暴行を加えたとして、準強姦の罪に問われている米軍キャンプ・シュワブ所属の1等水兵ジャスティン・カステラノス被告(24)の初公判が27日午前、那覇地裁(潮海二郎裁判長)であった。カステラノス被告は「間違いありません」と起訴事実を認めた。次回公判は6月27日に開かれ、被告人質問などが行われる。
【琉球新報電子版】



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス