有料

八重山商工、延長制す 伊良部が適時打で勝利決定づける 八重山商工ーコザ 夏の甲子園県大会第6日


八重山商工、延長制す 伊良部が適時打で勝利決定づける 八重山商工ーコザ 夏の甲子園県大会第6日 勝ち越しの2点適時三塁打を放つ八重山商工の伊良部昂=7日、沖縄市のコザしんきんスタジアム(喜瀨守昭撮影)
この記事を書いた人 Avatar photo 琉球新報社

 第106回全国高校野球選手権沖縄大会第6日は7日、沖縄セルラースタジアム那覇などで2回戦8試合を行った。具志川商は宜野座に4―0で、知念は美里工に10―7で勝利した。八重山商工はコザを延長十回タイブレークの末に5―3で下した。普天間は美来工科に4―3で競り勝った。興南は中部商に4―0で、宮古総実・宮古工は北中城に7―2で勝利した。KBCは久米島に22―0で五回コールド勝ちした。与勝―宮古は天候不良のため継続試合となり、8日午前10時にアグレスタジアム北谷で再開される。

 大雨と雷鳴で一時中断した八重山商工―コザは2―2のまま、延長10回タイブレークまでもつれ込んだ。接戦を制したのは八重山商工だった。

 二死二、三塁で伊良部昂(2年)が右中間に勝利を決定づける適時打を放った。「(球は)ストレートのインコースだった。抜けた瞬間は『最高』という気持ちと、安心感が混じり合った」と心境を表現した。コザも1点を返すなど粘りを見せたが、八重山商工がが振り切って勝利をつかんだ。晴れ間が差し込んだ球場は、両チームをたたえ合う拍手が鳴り響いた。

 又吉晋也監督は選手たちにとって初めてのタイブレークだったことに触れ「力が拮抗(きっこう)することは想定内だった。伊良部の打球は理想的だった」と次戦につながる活躍を評価した。

 ●悔し涙を流すコザの吉田夕槻主将

 先制点でリードしたものの点を狙いすぎるあまり、走塁でミスが目立った。勝ちたいとの気持ちが強かったのでとても悔しい。これまで甲子園出場を目標にチームをつくってきた。後輩たちにはこの流れを引き継いでほしい。

(渡真利優人)

▽2回戦

八重山商工
0001100003│5
1100000001│3
コザ
(延長十回)
(八)金城、新城―伊良部
(コ)比嘉嗣―吉田
▽三塁打 新城、伊良部(以上八)、喜瀬、喜久本(以上コ)
▽二塁打 平地(八)、吉田(コ)

1版