地域

渡嘉敷島はトンボの楽園 多種類、飛び交う

タイワンウチワヤンマ=8月29日、渡嘉敷区の田んぼ

赤とんぼの仲間=8月29日、渡嘉敷区の田んぼ

ギンヤンマの産卵=8月29日、渡嘉敷区の田んぼ

 【渡嘉敷】渡嘉敷島では野山や水田、集落でトンボの仲間が数多く飛来し、道行く人の目を楽しませている。

 水田地帯の渡嘉敷区では、二期作米の田植えが終わった田んぼで他の多くのトンボに交じって、産卵活動のために多数のギンヤンマが飛び交っている。

 中にはオスとメスが連結したまま田んぼに産卵する行動が見られる。特に、赤トンボの仲間は島の至る所で飛び交っている。

 稲作農家の當山清林さん(78)は「この夏は台風の襲来がないせいか、いつもより多数のトンボが見られ、種類も多い。トンボの楽園だ」と話した。
(米田英明通信員)



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス