政治

国会囲み「辺野古ノー」 1万8千人 全国各地で反対集会

 【東京】名護市辺野古の新基地建設断念や、「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ組織犯罪処罰法改正案廃案などを政府に求める抗議行動「止めよう!辺野古埋立て 共謀罪法案は廃案に! 6・10国会大包囲」が10日午後、国会議事堂周辺で開かれた。辺野古新基地建設に反対する国会包囲行動は昨年2月以来で5回目。1万8千人(主催者発表)が国会を取り囲み、「辺野古に基地を造るな」「建設断念まで絶対に諦めない」などと力強く訴えた。また、名護市辺野古でも東京での集会を受け新基地建設に反対する連帯集会が開かれたほか、愛知や秋田、富山、石川など4県以上でも呼応する集会が開かれた。


国会包囲行動で「辺野古新基地反対」と「共謀罪廃案」を訴える市民たち=10日午後、国会議事堂前

 包囲行動では、共謀罪についても廃案を訴えた。北部訓練場でのヘリパッド建設に反対する市民を逮捕したのは「共謀罪の先取りだ」などと批判した。

 国会包囲の主催者は「『止めよう! 辺野古埋立て』国会包囲実行委員会」「戦争をさせない・9条壊すな! 総がかり行動実行委員会」「基地の県内移設に反対する県民会議」の3団体。協賛として「共謀罪NO! 実行委員会」が加わった。

 登壇したオール沖縄会議共同代表の稲嶺進名護市長は「新基地建設の現場は警察によって、非暴力の市民に負傷者が出る異常事態が起きている。しかし(建設断念まで)絶対に諦めない」などと力強く訴えた。

 ヘリ基地反対協の安次富浩共同代表、辺野古土砂搬出反対全国連絡協議会の湯浅一郎顧問、国際人権団体アムネスティ・インターナショナル日本キャンペーン部門ディレクターの山口薫氏のほか、辺野古の新基地建設に反対する市民代表や国政野党国会議員、識者らが壇上で、最後まで闘い抜く決意を表明した。

英文へ→18,000 opposing Henoko base and conspiracy bill encircle Diet Building