芸能・文化

電撃引退表明「私らしく」 安室奈美恵さん、数日前の故郷ライブで異例MCも

熱唱する安室奈美恵さん=17日、沖縄県宜野湾市の宜野湾海浜公園特設会場(エイベックス・エンタテインメント提供)

 沖縄県出身の歌手・安室奈美恵さん(40)が20日、来年9月16日に歌手活動を引退する意向を自身の公式ホームページで表明した。安室さんは1992年のデビュー以降、数々のヒット曲を連発し、沖縄や日本、アジアを代表する歌手として活躍してきた。2000年の九州・沖縄サミットでは、公式テーマソング「NEVER END」を歌い、那覇市民栄誉賞を受賞した。安室さんが来年の引退を表明したことを受け県内、国内外から驚きや惜しむ声が聞かれた。
 

 安室さんは92年、アイドルグループ「スーパーモンキーズ」のメンバーとしてデビュー。ソロ活動に転向後、「CAN YOU CELEBRATE?」などミリオンヒットを連発したほか、96年に出したシングル「Do’nt wanna cry」では史上最年少で日本レコード大賞を受賞した。

 また安室さんのファッションをまねする女性を指した「アムラー」現象も引き起こし、ファッションリーダーとしても時代をけん引した。

 今年9月16、17の両日に行われた25周年記念ライブでは、両日合わせて県内単独ライブで過去最高の約5万2千人が来場。安室さん自ら選曲し、連続27曲を披露した。ライブではスーパーモンキーズ時代のデビュー曲「ミスターU.S.A.」を22年ぶりに披露したほか、「NEVER END」も11年ぶりに歌った。

 引退をにおわすような様子は見られなかったが、普段MCをしない安室さんが今回「騒ぎあかせ! 沖縄!」と叫びファンを沸かせ、ライブ終了後に「今日はありがとうございました。また遊びに来てね」と伝え、舞台から去った場面もあった。

 安室さんは9月、琉球新報の取材に応じ「たくさんの方々に支えられ、25年間、活動することができました。ファンのみなさんやスタッフのみなさんと、25周年という記念すべきアニバーサリーイヤーを一緒に過ごすことで、また新しい思い出が作れればうれしいです」と語っていた。

 引退を表明した20日はちょうど40歳の誕生日。安室さんは公式サイトで「引退までのこの1年アルバムやコンサート、最後にできる限りの事を精いっぱいし、有意義な1年にしていきたいと思ってます」とコメントした。

英文へ→Namie Amuro makes a surprise announcement to leave the stage