社会

石垣2市議を逮捕 沖縄県警、中山市長脅迫疑い

 沖縄県警捜査第2課と八重山署は21日、中山義隆石垣市長に対して、市有地の貸し付けをするよう脅迫したとして、職務強要の容疑で石垣市議会前議長で同市議の男A(57)=石垣市浜崎町=と同市議の男B(64)=同市大川、団体役員の男C(77)=同市真栄里、会社代表の男D(64)=同市大浜=の4人を逮捕した。県警は4人の認否を明らかにしていないが、両市議は逮捕前、本紙取材に対し「脅していない」と否定していた。

 逮捕容疑は2016年1月26日と5月6日、5月11日の3回、石垣市役所の市長室などで、中山市長に対してゴルフ場を建設するために市有地の貸し付けなどを求めて脅した疑い。

 捜査関係者によると、中山市長の名誉を害するような資料を示し、市長の職を危うくさせることをにおわせたという。職務強要容疑での摘発は過去10年間で初めてという。

 男Bはゴルフ場建設を目的とする一般社団法人石垣島ハイビスカスゴルフカントリーの代表理事を務めている。男Aと男Cも理事に名を連ねている。男Dは、ゴルフ場建設予定地内の一部の土地を所有する法人の代表を務めている。

 21日は石垣市議会9月定例会の最終日で、両市議は本会議の終了後に捜査員に任意同行された。

 県警は任意同行の後に、両市議の自宅を深夜まで捜索した。