社会

オスプレイ シリア墜落は大破

 【ワシントン=座波幸代本紙特派員】シリアで29日に墜落した米海兵隊MV22オスプレイについて、米FOXニュースは機体は「大破」したと報じた。一方、米中央軍は同日午前、有志連合の航空機が「中東でハードランディング(激しい衝撃を伴う着陸)した」という声明を公表して以降、墜落の場所や機体、事故の状況について公表していない。

 米メディアは国防総省関係者などの証言として、「機体は米海兵隊のオスプレイ」「墜落の原因は敵による攻撃ではない」と報じている。ワシントンポスト紙は機体は「全損」で地上で炎上したと伝えた。FOXニュースは軍関係者の証言として、墜落について「ほとんどけが人もなく、奇跡だ」と話したと報じている。

 米中央軍広報は29日午前、「負傷した2人は医療施設に搬送されたが、退院し命に別条はない。ほかの搭乗員にけがはない」という発表以外明らかにしていない。本紙などの取材に対し、「調査中のため、コメントはない」と回答した。

 米軍主導の有志連合は過激派組織「イスラム国」(IS)掃討を進めており、オスプレイはシリア国内や周辺で米軍の部隊を移動させるために使用されていたという。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス