社会

海上から石材を初搬入 辺野古新基地建設

大浦湾に到着した台船=14日午前9時50分ごろ、名護市辺野古

 【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場の名護市辺野古への新基地建設で、沖縄防衛局は14日午前、初めて海上から石材を搬入した。米軍キャンプ・シュワブのゲートからも大型トラック32台が基地内に資材を運び込んだ。
 今回初めて陸上と海上で同時に資材搬入が行われた。大量輸送で工事を加速させたい狙いがある。
 雨が降る中、大浦湾に姿を現した台船が午前9時半ごろ、辺野古崎北側にあるK9護岸の先端部にロープで係留された。
 海上では基地に反対する市民が抗議の声を上げた。【琉球新報電子版】


大浦湾に到着した石材を積んだ台船(奥)、手前は建設に反対する抗議船(左)と海上保安庁のゴムボート(右)=14日午前9時半すぎ、名護市辺野古