地域

島に伝わるアダン葉帽子 27人が継承と技術向上目指す 伊江で展覧会

伊江村で開かれたアダン葉帽子展覧会=伊江島カントリークラブ

 【伊江】沖縄県伊江村の伊江島カントリークラブで2月24、25の両日、「伊江島アダンamuamu」によるアダン葉帽子の展覧会が開催された。

 展示は約30点。「伊江島アダンamuamu」は、島に伝わるアダン葉帽子の正しい編み方の継承と技術向上に向けて現在27人が週に1回活動している。関係者は「伊江島のアダン葉帽子を多くの方々に見てもらい、一度は途絶えかけた伊江島のボーシクマー文化の素晴らしさを知ってもらうための展覧会」と話した。

 25日は、伊江島カントリークラブで「第15回ふるさと交流ゴルフコンペ」が開催されており村内外からの多くの人がアダン葉帽子を手に取っていた。「貴重な物を見せていただいた」「なつかしい」「販売してほしい」「作業工程の写真などもほしかった」などの声が聞かれた。
(知念光江通信員)