社会

公務執行妨害容疑などで3人逮捕 辺野古ゲート前集中行動

新基地建設阻止を訴えシュプレヒコールを上げる市民ら=26日午前、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前

 【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場移設に伴う名護市辺野古への新基地建設に反対する「辺野古ゲート前連続6日間500人集中行動」4日目が26日、名護市辺野古のキャンプ・シュワブ前で行われている。

 早朝から市民が続々と駆け付け、抗議の声を上げている。

 抗議活動参加者のうち、男性1人が道路交通法違反容疑、別の男性2人が公務執行妨害容疑で逮捕された。

 午前9時ごろから機動隊による座り込みをしている市民の排除が行われた。市民らは「われわれには抗議する権利がある」と訴えた。

 県警は国道329号線の南向け車線をふさぐ形で機動隊車両を最大で4台配置した。砕石など建設資材を積んだトラックが断続的に基地内に搬入していった。【琉球新報電子版】