社会

宮古島変死体、45歳男逮捕 アパート名義人、殺人容疑

男性の死体が発見されたアパートで捜査をする県警職員ら=9日、宮古島市平良西里

 宮古島市平良西里のアパート一室から、顔や胸などを骨折した同市の男性(63)の腐乱遺体が見つかった事件で、宮古島署と県警捜査第1課は10日、このアパート一室の名義人である同市平良西里の職業不詳、男(45)を殺人容疑で逮捕した。県警は「捜査に支障が出る」として男の認否を明らかにしていない。

 逮捕容疑は今年5月ごろ、宮古島市平良西里のアパート内で、男性に暴行を加えるなどして殺害した疑い。男は殺害後、アパート内に男性の遺体を放置していた。男を見かけなくなったことから知人が宮古島署に相談。警察官が6日、アパートを訪ねたところ、部屋からあおむけの状態で亡くなっていた男性の遺体が見つかった。

 10日午後9時10分ごろ、男を乗せた捜査車両が宮古島署内に入っていく様子が確認された。

 捜査関係者によると、男と男性は知人関係にあり、何らかのトラブルがあった可能性があるという。