社会

80代女性の腐乱遺体見つかる 体に打撲の痕 南城市

犯罪に巻き込まれたとみられる遺体が見つかった現場で作業をする警察官ら=26日午後2時46分、南城市佐敷

 25日午後6時31分ごろ、南城市佐敷の県営団地の部屋で、一人暮らしをする80代女性とみられる腐乱遺体が見つかった。

 県警の検視などで、遺体からは打撲痕が確認された。何らかの凶器が使われた可能性がある。県警は遺体が事件に巻き込まれたと判断した。現場鑑識を実施し、身元の特定などの捜査を進めている。 【琉球新報電子版】