社会

台風24号 あす先島、29日本島暴風 「非常に強い」勢力維持

 大型で非常に強い台風24号は26日午後3時現在、沖縄本島の南約600キロの海上にあり、ゆっくりとした速さで北に向かっている。中心気圧は950ヘクトパスカルで中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は60メートル。勢力を維持したまま、沖縄地方にかなり接近し、先島諸島では28日、沖縄本島地方では29日から暴風となる見込み。

 沖縄気象台によると、台風の影響が県知事選の投開票日と重なる30日まで続いたとしても、同日の早い時間帯で暴風警報などは解除されるとみられる。


 台風の中心から半径190キロ以内では25メートル以上の暴風、中心から半径500キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いている。沖縄気象台によると、台風の中心付近には雨雲があるため、沖縄本島地方と先島諸島では28~29日にかけて警報級の大雨が降る恐れがある。

 沖縄地方の沿岸海域はうねりを伴ってしけており、27日は各地方とも大しけとなる見込み。沖縄本島地方や先島諸島では28日は猛烈にしける予報で、気象台はうねりを伴った高波に厳重な警戒を呼び掛けている。

 台風の影響で26日、海と空の便に影響が出た。沖縄旅客船協会による同日、石垣島と西表島上原を結ぶ便など船舶計98便が欠航した。27日は、那覇と南北大東を結ぶ便など計4便の欠航が決まっている。

 空の便は26日、琉球エアーコミューター(RAC)の那覇―与那国、石垣―与那国の計8便が欠航し、248人に影響が出た。