社会

南城女性殺害 孫を逮捕 容疑で与那原署

遺体が見つかった現場=9月26日、南城市佐敷

 与那原署は6日、沖縄県南城市佐敷の県営団地で無職の女性(当時88)を殺害したとして、親族で無職の女(34)を殺人容疑で逮捕した。県警は「捜査に支障がある」として女の認否を明かしていない。関係者によると、女は女性の孫で過去に2人で同居していた。動機を含め慎重に捜査を進めている。

 逮捕容疑は9月22日午後3時48分から同25日午後6時20分ごろの間、南城市佐敷の県営団地で女性の頭部に打撃を加え殺害した疑い。

 事件は9月25日、郵便受けに新聞がたまっていることを不審に思い、部屋を訪ねた知人女性が室内で腐乱した遺体を発見したことから発覚した。女性の頭部には鈍器で殴られた痕があり、司法解剖の結果、頭蓋骨骨折による脳損壊が死因と判明した。現場のごみ箱から凶器とみられるハンマーが見つかった。現場の部屋は施錠されていなかった。

 捜査関係者によると、事件発覚後、女は県警の任意の調べに殺害を認める趣旨の供述をしたが、その後翻した。