社会

自衛隊沖縄地本 窓割られ放火か 那覇署が捜査

 22日午前3時半ごろ、那覇市前島の自衛隊沖縄地方協力本部で、窓ガラス1枚が割られ、室内に置かれていた折り畳みベッドが燃えた。那覇市消防局によると、当時建物内には人がおり、火に気付いて消火器で消火した。ベッドは半焼した。人的被害はない。那覇署は何者かが敷地に入り放火した現住建造物等放火事件とみて、捜査を進めている。

 那覇署によると、事件直後、現場を立ち去るバイクが目撃された。
 建物敷地内の防犯カメラは撮影ができないように赤いスプレーが吹き掛けられていた。



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス