社会

5歳男児の足にヘアアイロン 同居の男を傷害の容疑で逮捕 「偶然の事故」と説明 母親も犯人隠避で逮捕

 浦添署は28日、沖縄県西原町の自宅アパートで保育園に通う男児(5)の右足にヘアアイロンを押し当て、全治4~8週間のやけどを負わせたとして、同居する母親(26)の交際相手の男(27)を傷害の容疑で逮捕した。さらに、男をかばうために警察官の聴取に対し虚偽を述べたとして、母親を犯人隠避の容疑で逮捕した。県警は2人の認否については「捜査に支障がある」として明らかにしていない。

 男の逮捕容疑は1月中旬、西原町の自宅アパートで男児の右足のすねやふくらはぎにヘアアイロンを押し当て、やけどを追わせた疑い。母親の逮捕容疑は2月6日、浦添署で警察官からの聴取を受けた際、男をかばうために男児がやけどを負ったのは偶然の事故だったと虚偽の説明をした疑い。

 県警によると、男児のやけどは1月18日に通っていた保育園で発覚した。保育園から役場を通じて、県中央児童相談所が1月21日に浦添署へ通報した。逮捕前に警察官が男や母親に任意で事情を聴いたが、2人とも偶然の事故と説明していた。