社会

那覇市安里で火事 国道を1時間半規制で大渋滞

アパートの火事で立ち上る煙=2日、那覇市安里

 2日午後0時58分ごろ、沖縄県那覇市安里にある4階建てのアパートで火災があった。

 那覇署などによると「部屋から火が出ている」と、その部屋に住む70代の男性から通報があり、那覇市消防局が午後2時6分ごろ鎮火した。通報した男性は病院に搬送されたが、意識もあり命に別条は無い。

 アパートは4階の部屋1室が全焼、隣室の一部が類焼した。他の住民にもけがは無かった。

 出火当時、1階の店にいたというアパートの住民は「『火事だ、逃げて』と聞いて外に出ると、黒い煙がモクモクしていて火花が出ていた。怖かった」と話した。

 現場周辺はモノレールや国道330号沿いで、店舗や住宅が密集する地域。火災を受けて約1時間半、道路が規制され、大渋滞が発生し、近隣は混雑が続いた。