政治

「辺野古終わらせる」 屋良朝博氏が総決起大会 衆院沖縄3区補欠選挙

支持者らとガンバロー三唱で気勢を上げる屋良朝博氏(前列左から4人目)=10日午後、沖縄市民会館

 21日投開票の衆院沖縄3区補欠選挙に「オール沖縄」候補として立候補した新人でフリージャーナリストの屋良朝博氏(56)=無所属=は10日、沖縄市とうるま市で総決起大会を開いた。屋良氏は最大の争点である米軍普天間飛行場の辺野古移設問題を終わらせ「これまでの沖縄振興策を変える」と訴え、必勝を誓った。

 屋良氏は「大人の責任として新基地を阻止する」と呼び掛け「県民一人一人が集まれば大きな力になる。難しい局面を乗り越えるパワーにしていこう」と呼び掛けた。今後の沖縄振興の在り方については「政府主導の振興策で沖縄は豊かになったのか。いま一度点検し、沖縄が沖縄らしく生きていける経済構造にしないといけない」と訴えた。大会には玉城デニー知事も出席し「争点は辺野古埋め立てに賛成か反対かだ。子や孫のために心をつなぎ、埋め立て反対の意思を示そう」と呼び掛けた。玉城知事のほか、平良昭一選対本部長、呉屋守将金秀グループ会長、東門美津子前沖縄市長らが参加した。



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス