社会

容疑者の米兵はキャンプ・シュワブ居住

事件現場を検証する県警の捜査員ら=13日午後、北谷町桑江

 【東京】北谷町で起きた米兵による女性殺害事件について警察庁は17日午前の衆院外務委員会で、自殺した在沖米海兵隊第3海兵師団第3偵察大隊所属の米海軍3等兵曹ガブリエル・オリベーロ容疑者(32)が名護市の米海兵隊キャンプ・シュワブ内に居住していたことを明らかにした。

 基地内に居住していたことで、米軍側が外出禁止などの措置をとり得たこととなり、米軍の対応が改めて問題となりそうだ。

 一方、米兵らの勤務時間外の行動を規制する「リバティー制度」との関係について外務省は、「当該人とリバティー制度の関係といった個別の状況について断定的に答えることは控えたい」と述べるにとどめた。赤嶺政賢氏(共産)の質問に答えた。【琉球新報電子版】



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス