社会

米軍に居住実態の資料求める 北谷女性殺害で玉城知事

北谷女性殺害での米軍の対応を批判する沖縄県の玉城デニー知事=26日、県庁

 玉城デニー知事は26日の記者会見で、北谷女性殺害事件について、容疑者の米海軍兵の居住実態や接近禁止令などを事件当初米軍が明らかにしなかったことに対し「管理が適切だったのか疑問を持たざるを得ない」と批判した。「基地外にどれだけの基地関係者が住んでいるのか、安全管理のためにも資料の提供を米側に求めたい」と述べ、在沖米軍人の居住実態に関する資料の提供を求める考えを示した。

 名護市の辺野古新基地建設を巡り沖縄防衛局が本部町の本部港塩川地区から土砂の搬出を再開させたことについては「衆院沖縄3区補選で辺野古移設反対を明確にした候補が勝利した。民意を一切無視して政府が工事を強行しているのは、民主主義を無視していると断じざるを得ない」と強調した。【琉球新報電子版】