社会

競技中に自転車数台接触、男性が死亡 ツール・ド・宮古島

 宮古島市内で26日に開催された自転車競技「第12回ツール・ド・宮古島2019」(主催・パワースポーツ、共催・宮古島市、琉球新報社)の競技中、出場選手らの自転車数台が接触し、転倒するなどした3人が死傷する事故があった。事故で57歳の男性が心肺停止の状態で宮古島市内の病院に搬送されたが、同日午前10時3分、死亡が確認された。他の2人は肋骨を骨折するなどの重傷を負ったが命に別条はない。宮古島署は男性の死因について「事故によるものかどうかを含め経緯を調査中」として、引き続き調べている。

 宮古島署によると事故は午前9時5分ごろ発生。現場は市平良に設置されたゴールの数百メートル手前で、選手たちがラストスパートをかけて接触し、転倒した可能性があるという。競技は最後まで続行されたが、大会終了後に予定されていた表彰式とパーティーは中止となった。

 事故を受けて大会主催者のパワースポーツは、ホームページに「亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り申し上げます」とのコメントを掲載した。