社会

刃物を持ち糸満市で目撃された男性を沖縄市で逮捕

 沖縄署は30日、沖縄市胡屋の路上で、刃渡り約7・5センチの折り畳みナイフ2本を所持していたとして、銃刀法違反容疑で住所不詳・自称無職の男(54)を現行犯逮捕した。同署は容疑の認否を明かしていない。男は28日に糸満市真栄里で目撃された刃物を持った不審者と同一人物。関係者によると男は30日午後、沖縄市役所で職員に刃物を見せたため、通報された。警察官が市役所に到着した際に姿はなく、その後胡屋交差点付近で発見された。同署は刑事責任能力の有無も含めて調べている。

 逮捕容疑は30日午後5時17分ごろ、沖縄市胡屋の路上で、正当な理由なくナイフ2本を所持していた疑い。沖縄署によると、糸満市内であった不審者の容姿情報と男は一致していた。