社会

酒気帯び運転でミニバイクと衝突、ひき逃げ容疑で男を逮捕

 那覇署は6日までに、沖縄県那覇市牧志の市道で酒気を帯びた状態で車を運転し、同市の無職男性(62)をひき逃げしたとして、道交法違反(酒気帯び運転、救護義務違反、事故不申告)容疑で那覇市の自称自営業(29)を逮捕し、那覇地検に送検した。

 県警によると、容疑者は5日朝に車を運転して那覇市牧志の市道を通過する際、ミニバイクに乗っていた男性と衝突し、現場を立ち去った疑いがある。転倒した男性は左足指を骨折する重傷を負った。その後、通報を受けた警察官が付近を捜索し、容疑者の車を発見。呼気検査をしたところ基準値(呼気1リットル当たり0・15ミリグラム)以上のアルコールが検知されたため、同日逮捕した。その後の調べでひき逃げにも関わったとみて、ひき逃げ容疑も含めて6日に送検した。