社会

路上で休んでいた男性の顔面殴って財布を奪う 栄町市場 犯人逃走 那覇署が行方追う

 15日午前3時17分ごろ、那覇市安里の栄町市場内で休んでいた同市の会社員男性(37)を殴り、ズボンのポケットから財布を奪う強盗致傷事件が発生した。男性は顔面を打撲するけがを負った。被害額は不明。

 那覇署によると、男の年齢は50代で身長は170センチ程度、中肉で白色のTシャツと青色のジーパンをはいていた。同署が逃げた男の行方を追っている。

 那覇署によると、男性は路上で休んでいたところ、男が財布を盗もうとしたことに気づき抵抗した。男は男性に馬乗りになり、顔面を殴って財布を奪って逃走した。【琉球新報電子版】