社会

辛淑玉氏への中傷、二審も違法

 【東京】人権団体「のりこえねっと」の辛淑玉(しんすご)共同代表が、沖縄の基地反対運動などを巡り、ツイッターで中傷されたとしてフリージャーナリストの石井孝明氏を名誉毀損(きそん)の罪で訴えた裁判の控訴審判決が20日、東京高裁であり、村田渉裁判長は石井氏による名誉毀損を認めた一審判決に対する原告、被告の各控訴を棄却した。

 判決は「投稿は原告の社会的評価を低下させるもので、違法性は阻却されない」と判断し、一審と同じ55万円の賠償を命じた。辛氏は賠償額を不服として、石井氏は名誉毀損ではないとして控訴していた。

 辛氏側は上告するか弁護団で検討する。辛氏は判決に「レイシズムやヘイトを司法がどう考えるかというところで、判決が記録に残るのは意味があるだろう」と話した。

 石井氏は判決についてブログで「嫌がらせ訴訟と認識しており、誹謗(ひぼう)や人種差別などの意図はない」とコメントし、上告は弁護士と相談して決めるとした。

 判決などによると、石井氏はツイッターで辛氏について「工作員」や「スリーパーセル(潜伏工作員)」などと書き込んでいた。