政治

安倍首相、辺野古に触れず 沖縄全戦没者追悼式

沖縄全戦没者追悼式であいさつする安倍晋三首相=23日、糸満市摩文仁

 沖縄全戦没者追悼式のあいさつで、安倍晋三首相は「沖縄の方々は、永きにわたり、米軍基地の集中による大きな負担を担っていただいている。この現状は、なんとしても変えていかなければならない」と述べ、沖縄の基地負担軽減に向けて取り組む決意を示したが、辺野古新基地建設については言及しなかった。

 安倍首相は「我が国は、戦後一貫して、平和を重んじる国家として、ひたすらに歩んできた。戦争の惨禍を二度と繰り返さない。この誓いは令和の時代においても決して変わることはない。平和で、希望に満ちあふれる新たな時代を創り上げていく。そのことに不断の努力を重ねていく」と述べ、戦争を繰り返さないとの決意を示した。

 沖縄の基地負担の軽減については西普天間住宅地区など跡地利用の取り組みの加速に触れた上で、「引き続き、『できることはすべて行う』、『目に見える形で実現する』との方針の下、沖縄の基地負担軽減に全力を尽くしていく」と述べた。

 沖縄振興については「21世紀の『万国津梁』として世界の架け橋となる。今、それが現実のものとなりつつある。この流れをさらに加速するため、私が先頭に立って、沖縄の振興をしっかりと前に進めていく」との考えを示した。【琉球新報電子版】