社会

元プロボクサーが保育士の顔を殴る 傷害容疑で逮捕

 石川署は1日、沖縄県うるま市石川の石川多目的ドーム駐車場で、那覇市の保育士の男性(30)の顔を殴ってけがをさせたとして傷害の疑いで、ボクシングの元日本フライ級王者(49)=沖縄市泡瀬=を逮捕した。

 石川署によると「殴っていない」などと容疑を否認している。容疑者は逮捕時、酒に酔っており、男性とは面識がなかったという。

 逮捕容疑は1日午後10時20分ごろ、石川多目的ドーム駐車場で男性の顔面を複数回殴り、全治6日のけがを負わせた疑い。

 石川署によると、容疑者は男性の車のボンネットをたたき、車内にいた男性と口論になり暴行に及んだとしている。

 容疑者は旧石川市出身(現うるま市)で、1988年にデビュー。日本王座のタイトルを3度防衛し2000年に引退した。