社会

酒気帯び運転で米兵を逮捕 基準値4倍のアルコール検出

 那覇署は6日、那覇市牧志の国際通りで酒気を帯びた状態で車を運転したとして、米空軍嘉手納基地所属の上等兵(24)を道交法違反(酒気帯び運転)の容疑で逮捕した。上等兵は「アルコールが残っている感覚はなかった」などと容疑を否認し、その後黙秘に転じている。

 逮捕容疑は、6日午前8時5分ごろ、那覇市の国際通りを基準値(呼気1リットル当たり0・15ミリグラム)の4倍のアルコールを帯びた状態で車を運転した疑い。