社会

沖縄旅行中の台湾人観光客が死亡 ビーチで遊泳中に流された娘 助けようとした親が溺れる

 8日午前10時20分ごろ、沖縄県本部町瀬底の通称アンチ浜で台湾から観光で訪れた台湾人の父親(43)と娘(10)が遊泳中に約200メートル先の沖に流された。2人は付近にいた水上バイクに救助されたが、父親は意識不明のまま本島中部の病院に搬送され、同日午前11時50分ごろ死亡が確認された。

 本部署によると、浜は時間帯によっては潮流が速くなる天然のビーチで、父親は家族や友人と浜を訪れていた。父親は遊泳中の娘が沖に流されたところを救助に向かい沖合で溺れたという。同署が事故の原因などを調べている。