社会

沖縄・座間味でシュノーケリングをしていた男性が死亡

 14日午後2時ごろ、沖縄県座間味村の無人島、安慶名敷島付近の海域でシュノーケリングをしていた同村の60代男性が、知人が所有するヨットに戻った直後に意識を失った。

 男性は心肺停止状態で座間味診療所に搬送されたが、死亡が確認された。那覇海上保安部が事故原因を調べている。



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス