社会

3000万円詐欺疑いで男を再逮捕 那覇署・県警 3人にうその投資話

 那覇署と沖縄県警捜査二課は5日、那覇市内などで同市の40代の会社役員男性ら3人から計約3千万円をだまし取ったとして、詐欺容疑で同市辻の自営業の男(49)を再逮捕した。同容疑者は会社役員男性への別の詐欺容疑で6月に逮捕されていた。

 逮捕容疑は2017年3月下旬~18年3月上旬までの間に、那覇市内、大阪府内、京都府内で顔見知りとみられる3人に「海外投資ファンドや仮想通貨の投資をしたら2年後には倍になる」などとうその話をもちかけ、計約3千万円をだまし取った疑い。

 県警二課によると、男は那覇市の40代の会社役員男性には「海外投資ファンド」の話を持ちかけて約1千万円をだまし取り、大阪府堺市の40代の自営業男性とその妻で40代の自営業女性には「仮想通貨」の話をし、男性から約2千万円、女性からは約70万円をだまし取ったという。同容疑者の別の詐欺事件を捜査中に今回の事案が浮上したという。



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス