社会

車内で死亡の3歳児、死因は熱中症 外出前に自ら車内に入り2~3時間滞在か 高温注意情報があった沖縄で

3歳女児が亡くなった車内の鑑識作業にあたる警察官=24日午後7時ごろ、那覇市識名

 那覇市識名の住宅敷地内の駐車場で24日、この家に住む女児(3)が駐車車両内から意識不明の状態で見つかり、搬送後に死亡した件で、那覇署は25日、女児の死因を熱中症と発表した。県警は女児が自ら車両に乗り込んで出られなくなり、2~3時間ほど車内にいて熱中症になったとみている。那覇署は引き続き事件・事故の両面で調べている。
 県警によると、女児は24日午後、家族と共に外出する予定で、外出を楽しみにしている様子だったという。24日の那覇市の天気は晴れで、女児が車内から発見される直前の午後1時36分には、最高気温32・2度を観測した。
 那覇署は事件性は薄いとみているが、引き続き女児が車内にいた経緯などを調べている。