社会

シュノーケル中の男性が死亡 「あと10分ほど泳ぐ」と単独で海に 沖縄・恩納村の瀬良垣ビーチ

 25日午後4時35分ごろ、沖縄県恩納村の瀬良垣ビーチで遊泳していた女性から「シュノーケリングをしていた友人の行方が分からなくなった」と県警に通報があった。捜索に当たっていた金武地区消防衛生組合の隊員が同5時40分ごろ、同ビーチから沖合約15メートル、水深約2メートルの海中に沈んでいる県内在住の40代男性を発見した。男性は意識不明の状態で本島中部の病院へ搬送されたが午後6時26分、死亡が確認された。那覇海上保安部は男性の死因などを調べている。

 那覇海上保安部によると、男性は友人女性と2人で瀬良垣ビーチを訪れていた。午後3時50分ごろ、男性は陸に上がっていた女性に「あと10分ほど泳いでくる」と言って単独で海に入ったという。

 予定時刻を過ぎても戻ってこなかったため、女性が通報した。



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス