社会

三輪バギー事故で重体の女性死亡 同乗者は意識不明の重体

 宮古島市平良下里の県道で3日、三輪バギーが事故を起こして横転し、乗っていた男女が意識不明の重体になった事故で、宮古島署は6日、後部座席に乗っていたとみられる岐阜県の女性会社員(31)が死亡したと発表した。死因は急性硬膜下血腫だった。6日午前5時25分、搬送先の市内の病院で亡くなった。

 運転していたとみられる埼玉県川口市の無職男性(22)は意識不明の重体が続いている。宮古島署が事故原因を詳しく調べている。









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス