スポーツ

コラソン、湧永製薬に大敗 15-28 開幕から7連敗

 日本ハンドボールリーグの琉球コラソンは14日、広島県の湧永満之記念体育館で湧永製薬と今季第7戦を行い、15ー28で大敗した。コラソンは開幕から7連敗となった。

 序盤から点数が伸びないコラソンは、守備体制を頻繁に変えながら粘ったが、攻撃の連係がうまくかいずシュートも外れ、引き離された。

 次戦は16日午後2時、那覇市の県立武道館で大同特殊鋼と対戦する。【琉球新報電子版】