社会

小学校教頭が酒気帯び運転 「酒が残っているとは考えていなかった」 容疑を一部否認

 糸満署は26日、糸満市座波の県道7号で酒気を帯びた状態で車を運転したとして、道交法違反(酒気帯び運転)の容疑で本島南部の小学校で教頭を務める(56)=糸満市賀数=を逮捕した。「酒が残っているとは考えていなかった」と容疑を一部否認している。逮捕容疑は26日午前6時10分ごろ、糸満市の県道で基準値(呼気1リットル当たり0・15ミリグラム)を超えるアルコールを帯びて車を運転した疑い。

 糸満署によると、県道の車線を左寄りに走行する車をパトカーが停止させ職務質問した際、運転席の容疑者から酒のにおいがした。同容疑者は学校に向かう途中だと話したという。









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス