北部

新基地建設の海上警備男性が感染 工事は継続

2020年8月7日 11:58

 沖縄防衛局は6日、米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古での新基地建設工事で、海上警備を担当する男性1人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。濃厚接触者を自宅待機とするなど必要な感染防止策が講じられているなどとして、防衛局は米軍と協議した上で、新基地建設を継続するという。4月に工事関係者が新...








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス