遊具から転落し重度の障害、店舗側に3900万円の賠償命令 「安全配慮が不十分」那覇地裁


遊具から転落し重度の障害、店舗側に3900万円の賠償命令 「安全配慮が不十分」那覇地裁 那覇簡裁(資料写真)
この記事を書いた人 Avatar photo 琉球新報朝刊

 沖縄県内の飲食店の敷地内にあった遊具で2014年12月、当時7歳の少年が転落し重度の障害を負ったのは遊具の安全性が欠けていたなどとして、少年と両親が店舗の経営会社に約3億4000万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、那覇地裁(福渡裕貴裁判長)は28日、同社に約3900万円の支払いを命じた。

 遊具の安全性に瑕疵(かし)はないとする一方、設置された地面の安全配慮が不十分だったとして同社の一定の責任を認めた。

 判決理由で福渡裁判長は、設置面に敷設されていた衝撃吸収材は厚さ18センチの砂で、設置マニュアルで推奨されている材質の厚さ30センチには大きな差があるなどと指摘。「設置面に対する配慮が不十分で、その限度において、通常有すべき安全性を欠いていた」と判示した。

 判決を受けて原告は「判決内容を精査して今後の方針を検討したい」とコメントした。経営する社は「判決文を入手できていないが、誠意を持って対応したい。改めて子どもと家族にお見舞い申し上げたい」と述べた。