知人を殴る蹴る暴行、傷害容疑で暴力団員を逮捕 「酒を飲んでいて覚えていない」と否認 浦添署 沖縄


知人を殴る蹴る暴行、傷害容疑で暴力団員を逮捕 「酒を飲んでいて覚えていない」と否認 浦添署 沖縄 パトカー(資料写真)
この記事を書いた人 Avatar photo 琉球新報社

浦添署は13日、浦添市内のアパート軒下で知人の30代男性に殴る蹴るの暴行を加え、顔面打撲などのけがを負わせたとして、傷害容疑で指定暴力団旭琉会三代目富永一家構成員で那覇市の自称解体工の容疑者(45)を逮捕した。「酒を飲んでいて覚えていない」と容疑を否認している。