南大東島の港で2人が溺れて死亡 遊泳中の男性と助けようとした同僚 沖縄


 南大東島の港で2人が溺れて死亡 遊泳中の男性と助けようとした同僚 沖縄 亀池港(2017年、小型無線ヘリで撮影)
この記事を書いた人 Avatar photo 琉球新報社

 17日午後0時10分ごろ、南大東村の亀池港で「遊泳中の男性が溺水」などと119番通報があった。那覇署によると、福岡県から仕事のために来島していた40代男性が海で遊泳中に溺れた。救助のため海に入った同僚の40代男性も溺れ、近くにいた別の同僚が119番通報した。

 2人は同村職員らに海上から引き上げられたが、男性は同1時25分、同僚男性は同1時27分に、いずれも現場で死亡が確認された。当時、大東島地方は波浪注意報が出ていた。

 那覇署は2人の身元の特定を進めるとともに、関係者から話を聞くなどし、詳しく調べている。