還付金詐欺で60代女性が50万円被害に 市役所職員名乗り「介護保険料を返納したい」と誘導 宮古島署 沖縄


還付金詐欺で60代女性が50万円被害に 市役所職員名乗り「介護保険料を返納したい」と誘導 宮古島署 沖縄 パトカー(資料写真)
この記事を書いた人 Avatar photo 琉球新報朝刊

 宮古島署は18日、介護保険料の払い戻しがあるなどとして宮古島市の60代女性をATMに誘導し、現金約50万円を振り込ませてだまし取る特殊詐欺(還付金詐欺)事件が発生したと発表した。

 署によると11日、女性宅に市役所職員を名乗る男から「あなたの介護保険料が余っているので2万9千円を返納したい」「手続きが必要なので、銀行のサービスセンターから電話がある」などと電話があった。

 その後、金融機関職員を名乗る男からも電話があり、ATMに誘導された女性は、男の指示通りにATMを操作して現金を振り込んでしまったという。