自衛隊計4人を処分 大麻で2人免職、暴行で停職1カ月、威圧的言動で停職2日 沖縄


社会
自衛隊計4人を処分 大麻で2人免職、暴行で停職1カ月、威圧的言動で停職2日 沖縄 陸自の那覇駐屯地(資料写真)
この記事を書いた人 Avatar photo 琉球新報朝刊

 陸上自衛隊第15旅団は19日、大麻を使用したとして第51普通科連隊に所属する男性1等陸士(20)と男性陸士長(20)の2人を同日付で懲戒免職したと発表した。第15旅団によると1等陸士は今年6~8月に名護市内で、陸士長は8月29日に那覇駐屯地内でそれぞれ大麻を使用した。2人は県警に大麻取締法違反の疑いで逮捕されている。

 また2022年に8月に複数人の新隊員を指導する際に暴行を加えたとして、第15高射特科連隊の男性3等陸曹(23)を19日付で停職1月の懲戒処分にした。

 18年3月ごろ~20年7月ごろに複数人の部下に威圧的な言動で指導したとして、第15ヘリコプター隊所属の男性3等陸佐(51)を同日付で停職2日の処分にした。