「父親が漁から帰ってこない」素潜り漁に出た71歳男性、海中で発見も死亡 沖縄・宮古島


「父親が漁から帰ってこない」素潜り漁に出た71歳男性、海中で発見も死亡 沖縄・宮古島 資料照
この記事を書いた人 Avatar photo 琉球新報朝刊

 9日午前3時50分ごろ、宮古島市で「海に漁をしに行った父親が帰ってこない」と118番通報があった。
 同市の会社員男性(71)が8日午後から素潜り漁に出たまま行方が分からなくなっていた。
 男性は9日、西平安名崎の西側の海岸から約20メートル離れた海中で発見され、引き上げられた。9日午前8時26分、現場で死亡が確認された。
 宮古島海上保安部によると、現場付近の海岸には男性の車が止めてあった。
 男性はシュノーケルやウエットスーツを着用していて、水深1~2メートルの海底に沈んでいたという。