道路を横断中の高齢女性、軽自動車がぶつかり死亡 事故原因を調査 沖縄署


道路を横断中の高齢女性、軽自動車がぶつかり死亡 事故原因を調査 沖縄署 救急車(資料写真)
この記事を書いた人 Avatar photo 琉球新報朝刊

 9日午後6時9分ごろ、沖縄市諸見里3丁目の国道330号で北中城村ライカム方面から沖縄市胡屋向けに直進していた男性(22)の運転する軽自動車が、横断歩道を渡っていた高齢女性に衝突した。女性は意識不明の状態で本島中部の病院に搬送され、午後8時5分に病院で死亡が確認された。沖縄署が事故原因を調べている。