沖縄市の事故、亡くなったのは市内の80歳女性と確認 渡っていた横断歩道は赤信号だったか


沖縄市の事故、亡くなったのは市内の80歳女性と確認 渡っていた横断歩道は赤信号だったか
この記事を書いた人 Avatar photo 琉球新報朝刊

 9日に沖縄市諸見里の国道330号で軽貨物車が道路横断中の女性に衝突し、女性が死亡した事故で、沖縄署は10日、亡くなったのは同市の女性(80)と発表した。

 事故発生当初、女性は車道を横断していたとみられていたが、その後の調べで、交差点の横断歩道を歩いていたことが分かった。当時、歩行者用信号は赤信号で車道は青信号だったという。署は事故の詳しい経緯を調べている。