石垣海保の職員、酒気帯び運転疑いで逮捕「運転していたこと覚えていない」 沖縄


石垣海保の職員、酒気帯び運転疑いで逮捕「運転していたこと覚えていない」 沖縄 パトカー(資料写真)
この記事を書いた人 Avatar photo 琉球新報朝刊

 八重山署は16日、石垣市の市道で基準値の約5・5倍の酒気を帯びて乗用車を運転していたとして、道交法違反(酒気帯び運転)容疑で石垣海上保安部所属の公務員の女(23)=石垣市=を逮捕した。飲酒は認めているものの「運転していたことは覚えていない」と話し、容疑を否認している。

 容疑は16日午後2時55分ごろ、石垣市大川の市道で飲酒運転した疑い。

 石垣海上保安部の中田光昭部長はコメントを出し「このような事案が発生したことについては到底許されるべきものではなく、国民、県民の皆さまに対し、誠に申し訳なく思っております」と陳謝。職員に対する指導を徹底する方針を示した。