闇スロから「用心棒代」収受疑い、暴力団員を逮捕 八重山署


闇スロから「用心棒代」収受疑い、暴力団員を逮捕 八重山署 パトカー(資料写真)
この記事を書いた人 Avatar photo 琉球新報朝刊

 八重山署は16日、石垣市美崎町の無許可営業の店舗(闇スロ)から用心棒代などの名目で現金計15万円の供与を受けたとして、組織犯罪処罰法違反(犯罪収益収受)容疑で、指定暴力団旭琉会二代目功揚一家構成員の男(50)=宜野湾市=を逮捕した。容疑を否認しているという。

 闇スロを巡っては読谷村の被告(34)=公判中=ら同店の関係者ら計5人が常習賭博と風営法違反の罪に問われている。