県の漁業取締船、夜間パトロール中に伊江島沖で座礁 船長を書類送検 那覇地検


県の漁業取締船、夜間パトロール中に伊江島沖で座礁 船長を書類送検 那覇地検 那覇地検が入る那覇第一地方合同庁舎(資料写真)
この記事を書いた人 Avatar photo 玉寄 光太

 県農林水産部水産課は18日、県が所管している漁業取締船「はやて」が昨年9月11日、夜間パトロール中に伊江島西水域の浅瀬岩礁で座礁事故を起こし、昨年12月19日に業務上過失往来危険罪の疑いで、同課所属の船長が那覇地方検察庁に書類送致されたことを発表した。

 事故による負傷者はなかった。浸水や油漏れ、機関損傷などの二次災害も発生しなかったという。

 同課は「事故が発生したことで、県政に対する県民の信頼を大きく失墜させたことを深くおわび申し上げます」とコメントした。(玉寄光太)