哨戒中の海保機がエンジン不具合 目的地変更し新石垣空港に着陸


哨戒中の海保機がエンジン不具合 目的地変更し新石垣空港に着陸 南ぬ島石垣空港(新石垣空港)=資料写真
この記事を書いた人 Avatar photo 琉球新報朝刊

 23日午後3時15分ごろ、第11管区海上保安本部那覇航空基地所属の中型飛行機MA720(ボンバル300)が飛行中、右エンジンの油圧が低下し、目的地を那覇空港から新石垣空港に変更して着陸した。乗組員5人にけがはなかった。

 11管によると、同機は午後2時31分に那覇空港を出発し、哨戒任務中だった。石垣市の北東220キロの上空を飛行中に不具合に気づき、右エンジンを止めて、午後4時5分ごろに新石垣空港に着陸した。

 この影響で、同空港を出発する民間機の出発が17分遅れたという。