那覇ふ頭岸壁に海保巡視艇が接触 浸水や油漏れはなし


那覇ふ頭岸壁に海保巡視艇が接触 浸水や油漏れはなし 資料照
この記事を書いた人 Avatar photo 琉球新報社

 22日午後6時ごろ、那覇港那覇ふ頭三重城小船だまりで、那覇海上保安部所属の巡視艇でいご(25トン)が入港作業中に岸壁に接触した。同部によると船首部が約15センチへこんだが、大きな損傷はない。乗員4人にけがはなく、浸水や油の流出もないという。

 岸壁のコンクリートが一部はく離した。同部が事故原因を調べている。那覇海上保安部の大河内克朗部長は「船舶の安全運航に十分配慮すべき巡視艇乗組員が、このような事故を起こしたことは誠に遺憾だ。詳細に調査の上、再発防止に万全を尽くす」とのコメントを出した。